2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月30日、午後2時に境港公共マリーナへ到着しました。

9月30日/11日目 小笠原からホームポートへ到着しました。

5月8日、境港発→サンフランシスコ→ハワイ→小笠原→9月30日境港へ無事に到着致しました。

到着時に多数の仲間のヨットやマリーナでは大勢の方々に出迎えて頂き、予想外の状況に驚き大変感動致しました。
一人一人の方々に気配りが出来なくて失礼しました。

航海中は、皆様と一緒に航海をしてる気持ちを励みにしながら、無事に帰ってくる事が出来て安心しました。
常に緊張感を持ってた気持ちから解放され、充実感でいっぱいです。

沿海域の航海は本船との行き交いが多くて睡眠時間が極端に少なかったので、今はゆっくりと眠りたいです。
近日中に、この航海の感想と装備、改造、食糧などの報告を致します。

私のブログを読んで頂いて、ありがとうございます。

カモメーV 庄司

コメント

祝 成功!

日本海新聞9月30日 地域版のトップニュースでしたね。
お疲れ様でした。そして、本当におめでとうございます。

おめでとうございます!

5か月ぶりv-352我が家でのお布団は、さぞ心地良かったかったことでしょう。
ゆっくり、お身体お安め下さいね。

毎日のようにPCを開き、こちらは安全快適な環境で、ご一緒に航海をさせていただきました。
感謝申し上げます。
たくさんの感動をありがとうございましたv-308

おめでとう!

長旅お疲れ様でした。
無事でよかった!

本当に元気な姿に感動しましたよ。沢山の出迎えの方の姿に驚きでした、庄司さんの人柄ですね🍀
少しゆっくりして下さいね!

太平洋横断 おめでとうございました❗

成功おめでとうございます❗
庄司さんの勇気に感動です❗
MBYCでは忙しいでしょうけど、ゆっくり休んでね❗

お帰りなさい!

夢の達成おめでとうございます。
庄司さんのことだから、きっと次の目標へ向かわれるのではないでしょうか?
人は一生青春ですね!
感動と勇気をいただきました。
私も頑張ります。
ありがとう‼︎

師匠、夢の達成おめでとうございます!

太平洋という大海原をシングルハンドで往復セーリングするという大きな夢の達成、本当におめでとうございます。今の師匠にしか味わうことの出来ない物凄い達成感に浸っていることと思います。思えば、ハーバーでハードドジャーを手作りしているときに、初めて太平洋単独往復セーリングの話を聞きましたが、具体性のない夢の話と聞き流していました。キールに鉛300kgを取り付けたときには、ヒール時に一番横方向の物凄い力がかかる部分なので、多分脱落するのではないかと心配していました。船首の構造を全く変えてしまった時には、本来のヨットを設計したものからこんなにも変えてしまってもいいものかと、疑問に思い、太平洋の荒波に耐えれるものなのかと不安に思いました。マストをクレーンで外していろいろ補強していた時も、こんなにも改造して良いものなのかと心配でした。この様な感想が正直な気持ちでした。ただ、師匠のヨットに関する知識と整備技術には、感嘆し感激しました。毎日、遅くまで整備されていた姿が思い浮かびます。入国に関するいろいろの書類の準備や天気予報の情報収集に関する二重・三重の準備等、何年にも亘、苦労が有ったとの話も思い出します。夢の実現の為に費やした、物凄いチャレンジ精神と気が遠くなるような努力の蓄積に驚かされるとともに心からの敬意を表したいと思います。達成感に浸りながら、師匠の身体とカモメーVを労わって充分に休んで下さい。私たちに夢と希望を与えて下さったことを心から御礼申し上げます。本当にありがとうございました。夢の実現、おめでとうございます。心からお祝い申し上げます。

沖縄タイムスに師匠のことが掲載されていました。

10月7~10日の間、沖縄に行ってきました(飛行機で)。知人が新聞 「沖縄タイムス2016年10月2日」に庄司さんの記事が載っていますよと教えてくれました。以下にその記事(師匠の顔写真付)を紹介します。
「ヨットで太平洋単独往復 鳥取の男性 146日ぶり帰港
 ヨットで太平洋を単独横断した鳥取県境港市の自営業庄司信吉さん(66)=写真=が9月30日、約2万4千キロの航海を終え、146日ぶりに境港市に帰港した。仲間のヨットに先導されて入港すると、家族や支援者ら約100人が花束やシャンパンを手に祝福した。
 庄司さんはヨット歴40年以上のベテランで、5月8日に全長約10メートルのセーリングヨットで境港を出発。7月5日に米国サンフランシスコに到着し、復路はハワイと小笠原諸島・父島を経由した。」

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

Shinkichi

Author:Shinkichi
鳥取県の境港からサンフランシスコへ向けヨットで単独太平洋横断往復に挑戦します。
衛星サービスの為、写真は低画質です、コメントも返答できませんのでよろしくお願いします。

Tracking

KAMOME-Vの現在位置を一時間毎に追跡しています

【KAMOME-Ⅴの追跡】

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。